Loading...

新高山めぐみ幼稚園

トップページ > ブログ
ブログ

◎本日(11日)、園庭で全園児がおあつまりの練習をしました。

 

◎雨滴が落ち始めていたので、初めて取り組む「ディズニーたいそう」から始めました。


 

◎この体操ですが、ひょうきんなポーズがあり、子ども達は笑いながら練習をしていました。

 

◎先生がサインペンを落とすような動きです(右下の黄色の丸)。
◎左上の赤色の矢印の、よく上がっている右足は誰でしょうね?
※ヒント:み○○組

 

◎いちご組は、恒例となっている砂場での朝のあいさつです。
◎ディズニーたいそうをしている子がいますね。
◎今日は2組のご家族が見学に来てくださいました。

 

◎日曜参観当日には、みんなそろった体操ができているといいね。



2018.06.11 (月)  幼稚園の紹介

◎夜半の雨で危ぶまれた中、本日(8日)、年中組と年少組が「めぐみ農園」でサツマイモの苗植えをしました。
◎昨日に続き、先生が吸水スポンジで雨水を吸い込みます。
◎がんばれ、助っ人2人組! そして昨日今日とありがとう!

 

◎間に合わず、年中組が到着し、畑に向かいます。

 

◎水が残っているので、裸足で向かいます。

 

◎いかにもあやしい上空の雲です。

 

◎「ほら、カニよ」
◎「ワハハ」

 

◎「カニ! この手を見よ!」

 

◎2回植えてましたが、すぽっと抜けてしまいます。
◎3回目でしっかり植わりました。ねばりました。

 

◎続いて年少組が押し合いへし合いでやって来ました。
◎まだ年中組が植えている最中なのです。

 

◎さあ、やるか。

 

◎掘って掘って掘って、サツマイモの赤ちゃん(イモ苗)のお布団を用意します。

 

◎子どもたちは真剣で、自分の植え方がいいのかどうか不安らしく、「先生、見てえ」と声がかかります。

 

 

◎バスの運転手のおじちゃんはうれしそうです。
◎サツマイモもダイコンも収穫の時期まで「いつ穫るん?いつ穫るん?」と子どものように繰り返すおじちゃんです。
◎1人だけ、すでに心は秋の収穫に思いを馳せているのかもしれません。


 

 

◎苗植えが終わるやいなや、雨が降り出し、近くの農機具庫の小さな軒下に緊急避難しました。

 

◎どう? この手?
◎立派ですよ。

 

 

◎雨の中、園バスがピストン輸送で疾駆しました。

 

◎園では、並ぶ子どもたちの足を先生が順に洗ってあげていました。
◎サツマイモは運動会後に収穫予定です。
◎えっ、カニですか? 確か園長に渡したのですが姿を見ていません。握りつぶしたのかもしれません。うっ。

2018.06.08 (金)  行事

◎本日(7日)、高須の「めぐみ農園」でサツマイモの苗植えをしました。
◎今年は夏の草取りを軽減するために、畑全面に黒マルチシートは貼りました。

 

◎その代わり水たまりができるため、9時過ぎから4人の教職員が吸水スポンジやらモップで水をかき出しました。
◎畑をモップがけするのは当園ぐらいかもしれません。

 

◎10時ちょうどになると、年長組が2台の園バスに乗ってやってきました。
◎この子たちは年少の時から他の学年よりも多めに植え付け、種まきをしてきた強者(つわもの)の学年です。本人たちは自覚がないかもしれませんが。
◎今年は水筒だけの軽装です。

 

◎畑に向かいます。

 

◎年長組は、自分たちの分といちご組の分、合わせて2畝、1人3本ほどを植えました。
◎マルチシートは、あらかじめカッターで切れ目を入れ、イモ苗も置いておきます。

 

◎土まみれの手はがんばった手です。
◎サツマイモの赤ちゃん(苗)が入る大きな穴を掘ってくださいとお願いしました。




 

 

◎イモ苗を植えたら、どんな手になったのか見せてください。






 

◎終わると、手をはたいて、近くの公園に向かいました。


 

◎残った先生とバスの運転手のおじさんたちは、ひっそりと植え直しをしました。

2018.06.07 (木)  行事

◎先月(5月)30日付けのブログ「尾道東高校でめぐみっ娘(教員)が講義をしました」でご紹介した講義の様子が尾道東高校のホームページに掲載されていました。
◎尾道東高校のホームページのトップページ右側に「写真ニュース」という欄があります。
◎そこをクリックし、一覧の上部にある「社会人講話(1年生)(5/30)」 をクリックして下さい。
◎8番目ぐらいに写真が掲載されています。大きなカブのおじいさんの生徒さん、笑っていたり、立っている生徒さんと動きがありますね。

2018.06.06 (水)  幼稚園の紹介

◎本日(31日)、3階ホールで5月生まれのお誕生日会をしました。
◎今月からいちご組も全員参加で、がんばって階段を昇ってきたようです。
◎まずは会が始まる直前の5月生まれ(と前回欠席した4月生まれ)のめぐみっ子(園児)達です。





 

◎いちご組の2人、緊張した様子がなくポーズをしてくれました。
◎でもお顔が隠れて残念でした。

 

◎登壇したのは21人、その内2人は前回欠席した4月生まれの子です。

 

◎インタビュー「大きくなったら何になりたいですか?」です。

 

◎5月生まれは特徴的でした。
◎なんとパティシエが6人も! しかも男子も1人。次にケーキ屋さんも3人も! 檀上の半数近くがお菓子業界です。

 

◎野球選手やサッカー選手、幼稚園の先生がゼロというのも珍しい。

 

◎他に警察官、ドラゴンボールZの孫悟空、パン屋、お母さんのような助産師さん、パトレンジャー、私のお母さんみたいな人になりたい、ベーブレードのブレーダー、フローズドラゴン、イーパン、プリキュアのポッコ(とキュアエンジェルも)、動物のゴリラが各1名でした。


 

◎見学のご家族はお子さんが5月生まれということで、「おめでとうございます」と拍手。

 

◎5月生まれには物おじしない子がいます。
◎約250人を前に檀上にいると、みんな緊張するはずなんですが・・・。
◎このいちごの2人、登壇してもカメラに向かってポーズ。後ろのみんなもなんか緊張感が・・・。

 

◎檀上からカメラに向かってすごむし・・・。

 

◎檀上から威嚇するし・・・。

 

◎なんで「シャー!」と威嚇されるのか・・・。

 

◎先生からプレゼントをいただきました。

 

◎さあ、ピアノの伴奏に合わせて、みんなで「♪ たんたんたんたん誕生日! ♪ ○○ちゃんの誕生日! やあ!」と歌い、かつジャンプします。
◎その間、1人ずつ高い高いをしてもらいます。









 

◎お誕生日会の「お楽しみ」です。
◎ここは解説は不要です。お子様にお聞きしてください。
◎ヒントは昨日の尾道東高校での高校生園児と同じ演目であること、補足説明は配役は自薦で登場、すべてアドリブであることです。










 

 

◎劇団「めぐみん」による劇「大きなカブ」でした。

2018.05.31 (木)  行事

◎本日(30日)の第2弾です。
◎計10の事業所があります。
◎尾道市役所、尾道消防署、尾道しまなみ法律事務所、広島銀行、JA尾道総合病院、(株)パイオニア電子計算センター、FMおのみち、尾道国際ホテル、NPO法人工房おのみち帆布、そして、新高山めぐみ幼稚園。
◎計10の事業所が尾道東高校に招かれ、1年生にキャリア教育の講義(正式には講話)をしました。
◎新高山めぐみ幼稚園の教室には22名の生徒さんが来てくれました。

 

◎他の事業所のみなさんは単独で、しかも身一つでいらっしゃいました。
◎一方、当園は3人で小道具も満載です。さて、この道具は!?

 

◎新高山めぐみ幼稚園の新人の先生への質問の回答を披露しました。
◎問1「幼稚園の先生になるに必要なことは?」
→答「ピアノが弾ける」「漢字を間違わない」「字をていねいに書く」「絵本に親しむ」
◎問2「勤める前の理想と後の現実は?」
→答「これほど保護者の方と関わるとは」「業者の人がいて園が成り立っている面も」「子どもたちとただ『遊ぶ』だけではない」「1日が実に早い」

 

◎さあ、今からみなさんは5歳の幼稚園児となり、園生活を体験してもらいます。
◎まずは、歌の節をしっかりと聞けて、体の各部分の名前を覚えて、楽しく体を動かす遊びで気持ちをほぐしましょう。

 

◎ふと横を見ると、先生もしています。
◎ノリがいいですね。

 

◎右手は頭、左手は鼻に、さあどうだ!

 

◎先生、楽しそうですね・・・。

 

◎次はハンカチ1枚で、楽しく想像を刺激してくれる遊びです。
◎子どもたちが喜ぶ「幽霊」です。

◎気持ちがほぐれてきましたか。それでは先日の参観日で年中組がしたゲームをします。
◎実は子どもたちにとってジャンケンは、分かっているようで分からないのです。
◎クッキーを手に持って、ジャンケンの相手を探そうね。
◎先生も参加していますね。

 

◎勝ち残った人は前へ来て下さい。

 

◎ご褒美として、肩に花をつけてあげました。

 

◎最後は、おゆうぎ会の定番オペレッタ「大きなカブ」です。
◎はい、これがカブ。

 

◎いくら引いてもびくともしなかったカブが、みんなで力を合わせて、最後の小さなネズミが加わることで抜けました。

 

◎オペレッタをがんばったみなさんには進呈したのは、これです。

 

◎最後は人生の先輩としての先生からメッセージを一言。
◎「『だめだめ、できない』と思い込まずに、まずは『やってみよう、できるんだ』と前向きにとらえて、それを言葉で口に出してみましょう。言葉で出すことで『可能性』を形にしてみましょう」

 

◎なんと! 今の新高山めぐみ幼稚園の先生の中で、尾道東高校生だった時、当時の新高山めぐみ幼稚園の先生の講話を聞いていた先生がいるとのこと!
◎誰でしょうね?
◎となると、今日の生徒さんの中に未来のめぐみっ娘(教員)がいるのかもしれません。

2018.05.30 (水)  幼稚園の紹介